1歳児に…可愛い動物達のイラストがぎっしり!絵本「どこどこどうぶつ わくわくどうぶつえん」がおすすめ!

どこどこどうぶつ わくわくどうぶつどうぶつえん

子供に大人気の「みつけてかぞえて」シリーズの「どこどこどうぶつ わくわくどうぶつえん」をご紹介します。

この本には、ゾウや、トラ、イルカ、フラミンゴなど…たくさんの動物がページいっぱいにカテゴリ別で描かれています。その動物達が「〜はどこ?」「〜をみつけて!」とたずねてきます。いろんなポーズや格好をした動物たちがぎっしりいるので、なかなか手ごわかったり…。吹き出し以外にも、自分で考えた「どこどこ問題」を出してみても楽しそうです。

イラストも可愛い優しいタッチで、ページいっぱいにたくさんの動物がいるところが、子供の興味を刺激するみたいです。

この絵本をもらったのは1歳になりたての時で、結構大きめの本だったことと、イラストに興奮しすぎてか、ページを引っ張ってビリビリやぶっちゃう事が多かったんです。。。なのでしばらく隠しておくことに…。1歳4ヶ月頃にまた渡してみると、前より少し成長しているので、しっかり自分で持ち上げたり開いたりできるようになり、楽しめるようになってきました。まぁ、セロテープだらけの姿ですが。。。

なんでもゆっくり成長、1歳半のがっちゃんは、まだ動物さん達の吹き出しに書かれているどこどこ問題には答えられませんが、「どのカメレオンさんが好き?」とかの簡単な質問をすると「えーー。こっち?あっち?」などと指差してくれるようになりました。

好きなカメレオンを指差します
どうぶつのイラストがぎっしり

 

それから、お歌が大好きながっちゃんに、そのページに描かれている動物の歌を歌ってあげると、とても喜びました。カエルとカメレオンのページでは〝カエルの歌〟イルカのページでは、おかあさんといっしょで流れていた〝イカイカ イルカ〟カメのページでは〝うさぎとかめ(もしもしかめよ)〟といった感じです。

でもこれがまた大変なことに…ページをめくっては、両手を挙げて「うっふん!うっふん!」これは、がっちゃんの歌を歌って欲しい時の合図です。。。何度も何度も同じ歌をエンドレスで歌わされるハメに…。大変ですが、歌うとニコニコご機嫌さんで体を揺らしたり踊ったりしているので、、、その可愛さについつい頑張っちゃいます。

こちらの絵本、2014年からはじまったまだ新しいシリーズなのにも関わらず、累計15万部を超えています。
きょうりゅう」や「うきうきうみのなか」「わんにゃん」などのさまざまなシリーズがでています。これからももっと増えていくんだとか…。楽しみです。