1歳2歳の子供に1人で待っていて欲しい時は「ディズニージュニア」!

せいぶのねこキャリーで踊る息子

ディズニーのキャラクターが登場するアニメーションを中心に、小さな子供(1歳〜5歳頃)向けの番組を放送する専門チャンネル「ディズニージュニア」。こちらで放送されているアニメ…もうすぐ2歳になる息子がっちゃんは、1歳半頃からお世話になっています。

家事などで待っていて欲しい時、どうしても1人で待っていてもらわないと困る時…ディズニージュニアのDVDを流すと、嬉しそうに観て待っていてくれます。ディズニーのアニメなので、歌がたくさんの使われていたり、可愛いキャラクターがたくさんでてくるので、小さい子供が喜ぶみたいです。お話も分かりやすく、いいお話も多いので安心して見せられます。

こちらの番組、なぜ知ったかというと…Apple TVでYouTubeを観せて晩御飯の準備をしようとした際に見つけたんです。ディズニー公式チャンネルに、ディズニジュニアで放送されているアニメの1話目がいくつかアップされています。そこで、「ミッキーマウス クラブハウス」や「せいぶのねこキャリー」「ジェイクとネバーランドのかいぞくたち」、女の子なら「ちいさなプリンセス ソフィア」「ドックはおもちゃドクター」などが観られます。

ディズニージュニア番組イメージ
ディズニージュニア番組イメージ
ディズニージュニア番組イメージ
ディズニージュニア番組イメージ

※出典「ディズニーチャンネル」

特に「せいぶのねこキャリー きんはどこ?」の中に出てくる〝金の塊を守ってあげる〜♪〟の歌が大好きで、ステップを踏みながらニコニコ踊っています。
私的には「ちいさなプリンセス ソフィア」の1話目ペガサスダービーのお話はグッときてしまいました。子供を産んで涙もろくなってますねー。

せいぶのねこキャリーで踊る息子

そんな素敵な子供番組が放送されているディズニーチャンネルですが、視聴にはケーブルテレビやスカパーなどとの契約が必要です。。。すでにご契約の方はみてみていただいて、、まだの方は1度YouTubeでお子さんの反応をみてみてください。もし気にいるようなら、DVDや、iTunesでも出ていますのでご購入を検討されては…と思います。iTunesでしたら、Apple TVを使って大画面で観るのをお勧めします。こちらの記事も参考にしてみてください↓

iPhone派ママ必見!テレビでYouTubeやHulu鑑賞、iPhone画面を映せるApple TVは、子供に待っていて欲しい時や家族での写真鑑賞にも大活躍!

2016.11.05

 

【追記】TV依存のご注意
私自身、息子が2歳になってから経験したのですが、これまでは動画やTVよりもママと遊んだりおもちゃで遊んだりが好きだった息子が、TVが見たくてグズったり、大好きなトーマスの動画をつけて!と言わんばかりにリモコンを持ってきたりするようになりました。見せないと大泣き、見せてしまって消すとまた大泣き。大変な思いをしました。
大きくなってからこうなると大変ですので、0歳や1歳の時から、観せる前に「ママが〇〇している間だけね」とか「30分だけ観たらお散歩に行こう」などと約束をしておくことをおすすめします。まだ赤ちゃんや小さな子供には理解できないかもしれませんが、続けていると理解してくれます。また、TV好きになっても、やっぱりママやパパ、お友達と遊ぶ方が楽しいですから、我が家では動画に夢中になっていたら、別室で楽しそうに遊ぶ音や声を聞かせています。そうすると、何してるのかなぁ?面白そうだなぁ?と寄ってきますので、さっと電源をOFFするようにしています。動画やTVはこちらの記事でご紹介した通り、とても便利ですが、お父さんお母さんできちんと管理してあげてくださいね。