トミカが運転できる本「トミカ サウンドデラックス」で1歳息子が運転手気分。

トミカ サウンドデラックス

1歳11ヶ月の息子がっちゃんの最近のお気に入り本「トミカ サウンドデラックス」をご紹介します。こちらは、ハンドルやマイクを操作して、トミカが運転できる本です。本部分のジオラマ写真を見ながら、ハンドルを操作したり、ウインカーを出したり、マイクでアナウンスしたり…まるでトミカを運転しているような楽しさが味わえます。
ハンドルの上にはエンジン音やクラクション、救急車のサイレンなど20種類の効果音が出るボタンが付いていて、色んな車両に乗った気分になれます。

トミカ サウンドデラックス中

こちらの本、夏(1歳8ヶ月頃)にがっちゃんの従兄弟のパパさんからプレゼントで頂いたのですが、その際は効果音のボタンを押して遊んでいました。電車好きのがっちゃんは、特に踏切の音が大好きで、「カンカンカンカン!」と一緒に言いながら遊んでいました。まだまだハンドルやウィンカーは出せないようでした。。。

最近になって、ウィンカーを出したり、マイクで喋ったりするように!(まぁ、相変わらずあまり日本語はしゃべれず、がっちゃん語をコチョコチョコチョっと長文で喋ってます)マイクはボタンを押しながら、しゃべるとスピーカーから無線っぽい感じで聞こえてきます。声が大きくなって聞こえるのも嬉しいようで何度もやって、マイクがよだれでベチャベチャになっていたり…(汗)ウィンカーも、チカチカチカチカという効果音とともに、右や左の矢印が光ります。結構本格的。

ウィンカーで遊ぶがっちゃん
マイクでしゃべるがっちゃん

 

もう少し大きくなったら、本を読みながらハンドルやウィンカー、効果音を操作したりして色んなシーンを体験できるようになりそうです。
やっぱり男の子は車や電車が好きですね。こちら、男のお子さんへのプレゼントに重宝しそうです。私も友達の男の子の子供がいたらあげたいなぁと思いました。